English

ビルハジの育成日記

ビルハジ アブドルハリク アリ ドウ
2019年12月10日
AGRO’Sで苺は育つ

 

こんにちは、ビルハジです

今回は苺の育成について書いてみたいと思います。

 

苺は育成には大きく分けて3つの方法があります。

 

1.種から育てる。

この場合は長い時間が必要です、実が出来るまでだいたい一年程度掛かるそうです。

 

2.大きな苗から育てる。

苗の大きさによって実が出来るまでの時間は変わってきます。

 

3.ランナーから育てる。

既に持っている苺から「ランナー」と呼ばれる茎につく新芽を根付かせ苗を育てます。

 

簡単に栽培を始めるには、2.の大きな苗をホームセンターで買って育てるのがベストです。

なぜならば、自分の好きな苺の種類や味を選ぶ事が出来るからです。

種の場合はその選択肢が殆どありません。

苺は約3年間収穫出来るので、出来たばかりの苗の方が良いのです。

 

例えば私が今、研究開発に使っている種類は、みのり君、ワイルドベリー、ぺチカ、セリーヌ、

アイベリー、章姫などです。

一部は水耕栽培で、一部は屋外で栽培しています。

 

 

正直、私は夏に苗を買い、育て始めようとしましたが、アブラムシが付いていて色々悩みました。

他の実験中の植物にも移動したら大変な事になりますので、早く解決しなければならないと思いました。

初めは全ての葉を一つ一つ洗い、自然の農薬も使ってみましたが、なかなか退治できませんでした。

次は葉を全部切って、アブラムシ向けの薬をかけました。

結果、アブラムシは無くなりましたが苺もたくさん無くなってしまいました!!

とてもショックでしたが、残っていた一部を諦めないで育てています。

 

 

最近苺はAGRO’Sの効果で復活し、元気になってきました。

花もたくさん咲いて、実も出来始めました。(写真を御覧ください)

現在苺の水耕栽培の第一歩が成功しましたので、次の研究開発をプランニングしています。

検討中にまた色々お知らせしたいと思っています。

 

 

2019年12月3日
「第9回 農業Week」に芝川製作所も出展しました。   Part3

 

こんにちは、ビルハジです

 

2019年10月9日(水)~10月11日(金) 「第9回 農業Week」

芝川製作所の展示ブースにご来場頂き有難う御座いました。

 

今回は農業Weekで展示した当社で開発中の

「調光タイプLED」についてレポートしたいと思います。

 

農業Weekでは、実際にタブレット端末を使ってワイヤレスで

光を自由に変化させるデモンストレーションを行いました。

展示会では多くの方が「調光タイプLED」について興味を持って頂き、

具体的な使い方のお話も聞けました。

 

植物栽培には「光」「水」「二酸化炭素」「温度」「湿度」など

色々なパラメータがあります。

これらの条件全てを最適にする必要があります。

 

その中で「光を自由にコントロールする」というのが当社の課題の一つでもあります。

 

今回の展示会では「調光タイプLED」の展示を行いました。

この「調光」というのは植物を育成する過程で「最適な光」を作り出すことです。

 

 

例えば、植物育成に有効な赤色、青色の比率を変えたり、光の強弱を変えたりします。

調光のイメージは、リビングの天井にあるLEDシーリングライトの様なものです。

 

この調光を行う事により

・レタスのチップバーン対策など生理障害対策に寄与します

・植物の色付きコントロールに寄与します

・植物の味コントロールに寄与します

・栽培品目に特化した最適な光の制御が可能です

・過剰な光によって引き起こされる光合成の阻害対策(光阻害)も可能です

・日の出、日の入りのイメージ再現も可能です

・栽培時期により余計な波長や光量を落とし、消費電力の削減が可能です

・LED光量の安定出力維持が可能です

・栽培研究では特性の異なるLEDを何種類も準備する必要がありません

 

この様に様々なシチュエーションに調光システムは対応可能です。

これらは、ネットワーク回線(無線LAN)と専用アプリケーションを使う事により、

パソコン、タブレット端末、スマートフォンなどでワイヤレス操作や遠隔操作も可能です。

今後はユーザー様オリジナルの条件など、プログラム設定も出来る様に改良を行う予定です。

 

「調光システム」は達成しなければならない課題が沢山あります。

次世代農業用LED照明の量産化に向けて更に検討を続けます。

 

お客様の植物工場やハウス栽培で、調光システムを使ってみませんか?

興味のある方は、当社のウェブサイトから是非お問い合せして下さい。

 

次回の記事でまたお会いしましょう!

 

2019年11月21日
「第9回 農業Week」に芝川製作所も出展しました。   Part2

こんにちは、ビルハジです

 

2019年10月9日(水)~10月11日(金)

「第9回 農業Week」芝川製作所の展示ブースにご来場頂き有難う御座いました。

今回は、農業Weekで展示した「インターライティング」(樹間照明) についてレポートしたいと思います。

 

まずはこの質問からスタートしましょう。

「インターライティング」とは何ですか?

 

インターライティングとは、一年を通じて背の高くなる植物を栽培し収穫する方法です。

 

一般的にはビニールハウスの補助光として使用します。

植物と植物の間(樹間)に照明を配置して、例えば左右二方向に照射します。

補助光は冬季の太陽光が十分得られにくい場合に使用します。

太陽光が十分得られない地域や場所で使用します。

または上部の葉や、隣接する植物によって日陰になる部分の補助光として使用します。

 

もちろん、芝川製作所 植物育成用LED「AGRO’S」は、

ビニールハウスの補助照明としても使用する事が出来ます。

 

更に、農業Week展示会ではご来場頂いた皆様にお見せした様に、

芝川製作所で行った栽培実験では、植物育成用LED「AGRO’S」を使用し、

太陽光の全く当たらない屋内で水耕栽培を行っても、100% LEDによるインターライティングのみで

背の高い植物を栽培出来る事が証明出来ました。

 

 

ここからは、農業Week展示会での「インターライティング」の展示内容をお伝えしたいと思います。

この展示棚の植物は、私が大切に育てたこれらの野菜を展示しました。

・トマト

・キュウリ

・ナス

・唐辛子

・ピーマン、パプリカ など

 

展示会ではトマトは赤く熟すに至らず、まだ緑色でしたので、とても残念でした。

 

 

レタスや収穫の早い多くの野菜とは異なる栽培方法として、

上記の様な背の高い野菜の照明としてLEDを使用しました。

 

芝川製作所 植物育成用LED「AGRO’S」の技術を「インターライティング」に利用することで、

トマトや他の背の高い野菜を栽培する事が出来ます。

 

お客様は最高の条件で栽培する事ができ、一年中いつでも新鮮な野菜を収穫することが可能です。

 

AGRO’S」は屋内の水耕栽培システムで使用したり、ビニールハウスの補助照明としても使用出来ます。

 

 

同様に「AGRO’S」は、大きく成長する野菜の水耕栽培システムに使用する事が出来ます。

 

 

インターライティング研究は始まったばかりです。

私たちはお客様を応援し、お客様の期待を超える様な研究、開発、改良を続けます。

このインターライティングは本当に魅力的ですね。

 

ビニールハウスでのインターライティングや植物工場の水耕栽培で「AGRO’S」を使ってみませんか?

興味のある方は、当社のウェブサイトから是非お問い合せして下さい。

 

近日公開の記事でもお会いできることを楽しみにしています!