English

ビルハジの育成日記

ビルハジ アブドルハリク アリ ドウ
2020年9月8日
私と魅力的なナデシコ!

 

ナデシコのエディブルフラワー(食用花)

 

ここでは、芝川のLEDでナデシコの花が美しく育つ様子を読者の皆さんに紹介したいと思います。

ナデシコの花は地中海地域に自生し、細い茎で育つシアンの色相の線形の葉を持っています。植物の平均の高さは30または40センチに達します。ナデシコの花は、通常、フリルエッジが付いた5つの花びらで構成されています。さらに、ナデシコは沢山咲くので、庭園や風景で人気があります。芝川のLEDの光で、家の中でもナデシコ水耕栽培ができるようになりました。私たちの研究所で栽培したナデシコの添付画像を見て、それがどれほど素晴らしいかを確認できると思います。花の真ん中に点線の波状の白い帯がはっきりと見えます。とても魅力的ですね。

なんてすごい! なんて繊細だ!

 

野外で育つナデシコの花は、晩春から初秋にかけて長い開花期を迎えます。 芝川ハイテクLEDを使用することで、晩秋や真冬でも一年中、季節を問わず栽培が可能です。 添付画像のナデシコは、播種から開花が始まるまでに35日かかりましたが、一年中屋内で栽培ができて楽しむことができます。

また、ナデシコの食用花びらは料理で使用することもできるんです。香りが良く見た目の美しさから食欲がわいてきます。 実際、その用途が広く、無制限であり、私たちの想像を超えています。 ケーキやお食事の飾り、ハーブティーとしても使うことができます。 冬には、花全体を水に浸して、甘い香りを楽しみながら、寝る前に足を温めることもできます。

そのまま全て食べられるナデシコの花。

 

2番目の画像は、日本中の多くのスタイリッシュなレストランやホテルで増加する食用花の需要に応えるために準備された色とりどりのナデシコの花です。これらの花は沖縄本島にある「與座菜園(ヨザサイエン)」さんで芝川ハイテクLEDを使用して栽培されていました。

 

イチゴとは果物なのか野菜なのか?

4月の記事を読んだ読者の皆さんは私の「イチゴとは果物なのか野菜なのか?」の質問に対して積極的に考えていただけたと思います。

このセクションでは、私の意見をシェアしたいと思います。

科学的には、果実は開花植物のめしべから発達した種子を含む構造として定義されています。一方、野菜は根、葉、茎などの他のすべての植物部分です。したがって、科学的にいちごは果物です。でも、この定義に当てはめると、唐辛子は果物として分類されてしまうんです!!

子供の頃、私は果物を多年生である木からなる植物の食べられる部分として考えていました。一方、野菜は草からなる植物の食べられる部分であり通常、成長期の終わりに刈り取ります。この単純な考え方ではイチゴは一種の野菜になります。

私の現在の意見では、果物なのか野菜なのかはあなた次第です!!あなたがそれらを新鮮にまたはデザートとして食べることができるなら果物です。逆に、それらを調理したり、サラダとして食べたりする必要がある場合は、間違いなく野菜です!!

 

現在、日本ではこれまでにないほど多くの野菜が甘くなりました。 たとえば、あなたが目を閉じて、私たちの実験室のミニトマトを食べた時、それが果物なのか野菜なのかを推測するようにお願いした場合、 おそらく「果物」と答えるでしょう。 なので植物は同時に野菜と果物になれるものもあると考慮するべきでしょう。

 

私たちは必要な栄養素を体に与えることを一番大切な事と信じています。 つまり、果物と野菜は栄養的に同等ではないため、食事で果物と野菜のミックスなバランスを取ることがベストです。たとえば、果物は糖分とカロリーが高いです。一部の葉野菜には沢山のカルテノイドが含まれています。とはいえ、どちらもビタミン、ミネラル、繊維、抗酸化物質が豊富です。 こういった考えをもとに考えるとやっぱりバランス良く食べることが一番の健康法ですね。

 

読者の皆さんは異なる考え方を持っているかもしれません。それも素晴らしいことです。私自身も知識を増やすため、さらに深く研究するのが大好きです。たとえば、1400年ほど前に明らかになったクルアーンを楽しく読んでいます。多くの章で植物や果物について驚くほど言及しています。

 

次の記事について

現在、私は芝川のLEDで「さやえんどう」の育ち方を研究しています。次の記事にそのさやえんどうの豆やエディブルフラワーを紹介します!!

 

 

2020年8月31日
ゴールデントマトを作ってみた!

読者の皆さん、こんにちは!

親愛なる読者の皆さん、御無沙汰しておりますがお元気ですか?

 

前回の記事が公開されてから数か月が経過してしまいました。

今回から紹介する、トマトやイチゴのLEDを使用した栽培方法や植物の特性などについて研究活動を行っていたためブログの更新が遅れてしまったのです。

その代わりに、今回から2回に渡りその活動報告が出来ればと思います。

 

その第一回目が今回の「ゴールデントマト」についてです。

(第2回目は、芝川のLEDの光で花が美しく育つ様子をお見せします。また果物なのか野菜なのか、微妙な位置付けの植物があると思いますが、それらがどういう風に決まっていくのをご紹介予定。お楽しみに!)

ゴールデントマト:

トマトは夏の野菜です。特徴としてはとてもジューシーで健康増進に役立つ野菜ですね。

多くのビタミン、ミネラルがあり免疫システムのサポーター(味方)です。

実は何世紀にも渡ってリビアなどの地中海性気候地域全体で栽培されてきたものなのです。

 

それが今では農業や工業の発達で季節や場所を問わずいつでも食べられる野菜になりました。

極端な話、スペースシャトルの中や宇宙ステーションの中でも栽培出来ちゃうんですよ!

 

ちょっと脱線しましたが、トマトにはさまざまな種類があります。

それぞれ風味や形も違いますし、色についてはお馴染みの赤、オレンジ、黄色などの通常のトマト色から、ピンクや紫、茶色、さらには黒など珍しい色まであるんですよ。

ロマンチック、満月のように!! だよね(でしょう)?【芝川LEDで栽培したトマトです】

 

先ずは、この画像をご覧ください。

深みのある美しさと豊かな風味を備えたこの黄色がかったトマトは、食卓の飾りとして珍しい色で珍重されています。

以前の記事で証明したようにShibakawa LEDのハイテク及びインターライティングテクノロジーを使用して栽培しました。

温室栽培(ビニールハウス)では、晴れていない季節の補助灯として、または植物工場の主灯として、どちらの場合でも、年間を通して安定生産を維持することができます。

 

種子の発芽からの平均室内温度は20℃で、このゴールデントマトはこの成熟した状態に達するまでに約90日かかりました。 実際、25℃〜30℃という高い温度を維持できれば、より少ない日数で熟成させることができます。 実際には、トマトの花が成熟するまでの合計時間は、その環境の平均気温に依存します。 たとえば、室内の平均気温が20℃の場合、熟すのに40日かかりますが、 25℃なら32日で十分です。

今回の栽培は都合上どうしても低温環境で栽培するしかなかったので、ある意味課題が残りました(涙)。

 

トマトの健康上の利点

今回は、トマトの健康価値をみなさんに提供したいと思います。

特に健康上のメリットを理解しやすくするために、トマトの主要なビタミンやミネラル、植物栄養素がどうなっているのかをリスト化してみました。

 

ビタミン:A、B1、B3、B6、B9、C、E、K

ミネラル:ナトリウム、カリウム、カルシウム、鉄、マグネシウム、マンガン、リン、亜鉛。

植物栄養素:カロチン、リコピン、ルテイン、ゼアキサンチン。

これらの植物栄養素はもともと植物化学物質であり、植物が光合成に使用する光エネルギーを吸収するのに役立ちます。

何か、こうやって並べてみるだけで自分が健康になった気分になりますね。

 

さて、次はトマトのいくつかの利点に述べましょう。

心臓の健康

リコピンは、有害なコレステロールとトリグリセリドのレベルを下げることによって心臓の健康を安定させる抗酸化化合物です。 ビタミンBとカリウムは、コレステロールを減らし、血圧をコントロールするのにも役立ちます。

骨の健康:

カルシウム、リコピン、ビタミンKは、骨粗しょう症の発症を防ぐ高密度のより強い骨を構築することにより、体の骨格を維持します。

消化:

トマトは繊維含量が高い。 200CCのトマトジュースは、毎日の食物繊維の必要量の約10%を提供し、よりスムーズな消化を促進します。

肌ケア:

ビタミンCはコラーゲンの生成に必要です。コラーゲンは、しわを減らすことで人間の皮膚を若々しく保ち、同様に創傷の治癒を助けます。 さらに、ビタミンAは、細胞のアンチエイジングをサポートする新しい皮膚細胞の生成を刺激し、活性化します

視力:

トマトに含まれるビタミンAとB-カロチンは、視力に不可欠であることが知られています。これらは、網膜を正しく動作させるために必要であり、微光と色の認識をサポートします。

ルテインとゼアキサンチンは、目の網膜を青色光の害から保護することでも知られています。

エネルギー:

ビタミンBのすべては、脂肪や炭水化物の酸化に不可欠です。 それで、体が食物の炭水化物を、体がエネルギーを生成するために使用する燃料としてのグルコースに変換するのを助けます。

食事装飾と食欲動機:

トマトは私たちの食卓を彩り、私たちの食欲を高め、私たちの食事をさらに楽しむためのやる気を起こさせる方法を与えています。

メニューの配置方法や装飾方法によって異なります。自分にとってもゲストにとっても、カラフルでロマンチック、そしてスタイリッシュな食事の時間を作ることができます!!

 

さあ、次は色の違いによって何がどうなるんでしょう?

赤と黄色のトマトに違いはありますか?

この違いは主に色素に関連しています。

以下では、味や色、形について見ていきましょう。

芝川LEDが育てるミニトマト。トマトのつるから口の味わいへ、とても新鮮で、とても甘く、洗う必要がなく、無農薬です。

 

味: ゴールデントマトを味わったところ、クラシックな赤いトマトと同じ味がすることがわかりました。 黄色と赤のトマトの内容は似ています。 一般的に、正確な違いは種類に依存します。 したがって、異なるトマトでは、同じ成長条件であっても、含まれる栄養素が相対的な割合に顕著な変動がある可能性があります。 たとえば、ゴールデントマトとは別で、 黄色いミニトマトは果物のようにとても甘いです。

2番目の画像をご覧ください。

 

色: トマトの緑はクロロフィルが原因です。 熟成過程では着色を促す染料、「カロテニオド」の濃度は大幅に増加します。

赤いトマトでは、カロテニオドの赤い色素「リコピン」が増加します。

黄色のトマトでは、代わりにカロテニオドの黄色色素「ルティエン」と「ゼアキサンチン」が増加します。 青、紫、または赤の抗酸化フラボノイド着色顔料「アントシアニン」は、黒いトマトにその色を与えます。

 

形: 形状も品種によって異なります。 ゴールデントマトの場合、形状はレッドのトマトに非常に似ています。 内部的には日本のおいしい柿のようにも見えますが、下記画像を見るとちゃんとトマトなんです。

推測してみてください、 トマトか柿!!

 

ドライトマト!!

トマトはどれくらい好きですか? あなたは一年中トマトを食べるのが好きですか?

もしそうなら、手作りのドライトマトがお勧めです。

 

かつて父の農場では、トマトの生産は夏の時期のみでした。 しかし、私はトマトが大好きでした。

一年中トマトを食べられるようにするための方法が、トマトを乾燥させることです。

もちろん、缶詰のトマトも利用可能であり、私たちは調理済みのメニューでそれらを頻繁に使用していますが、ドライトマトには独自の楽しい風味、香り、味があります。

 

私が子供の頃、夏休みに私の母はドライトマトの製作プロセスのリーダーでした。 そのプロセスが始まる前に、私の父は地中海に取り付けられた天然の塩の貯水池から塩を運びます。 私たちの家の北5 キロメーターです。 当時、その塩自体はとてもフレッシュで芳香があり、美味しかったです。下記でドライトマトの作り方をご紹介します!!

 

トマトの乾燥プロセス:

1-晴れた夏の日を選び、早起きましょう!!

2-塩をすりつぶして柔らかくします。

3-トマトを乾かすために幅の広い木片を準備します。

4-新鮮なトマトを収穫し、慎重に洗います。

5-トマトは大きさに応じて2つ以上に切る。

6-トマトの肉の内部に適量の塩を振りかけます。 トレードオフがあります。 あまり塩を入れすぎないようにしましょう。 トマトが腐る可能性があるので少なからず多すぎずで、ほどほどです。必要に応じて、好みのハーブを追加します。

7-正午までに、風のない場所で太陽の下に置きます。 それはほこりや砂からトマトを保護することです。 それらを網で覆うことは、彼らを空飛ぶ昆虫から保護することもできます。

8-日没前にそれらを収集するか、それらをカバーする。 先日それらを再びドライサイクルに戻す。 完全に乾燥するためにわずか3日を必要とします。

9-その後、乾燥した場所に保管します。

 

これで翌年の次のトマトシーズンまでホームメードドライトマトを食べ始めることができます。

また、ドライトマトを美味しく調理するスペシャルメニューも多数あります。

乾燥工程の最終段階にあるトマト。

 

将来的には、すべての家庭が独自の屋内水耕栽培庭園を持つことができます。 夢のようですが、芝川LEDなら可能です。 私たちはこの夢を実現するために最善を尽くしています。

 

 

 

私とトマトの花。 ミツバチの代わりにそれらの世話をします!!

 

最後に皆様のご健勝を心よりお祈りしています!

 

 

2020年4月23日
芝川ハイテクLEDと苺

 

シベリアのお隣カザフスタンのパヴロダル市読者から、先月の記事に関する質問を含むメッセージが届きました。彼の質問は、水耕栽培システムと芝川のインターライティング技術を使用してトマトを育てるプロセスについてです。詳しい内容は、来月の日記に詳しく書きます。

 

今月の日記の記事は、芝川のハイテクLEDランプを使用した、イチゴに関する研究活動についてです。一般的に、従来の農業は、年間を通じて消費者の需要を満たすために、季節や天候、虫害等に左右されない事と同時に、収穫期のみに一時的な労働力を得ることが求められます。

消費者の需要の増加、気候変動、殺虫剤の多用、農業政策、土地面積の限定は、イチゴの安定供給にも悪影響を及ぼします。従って、これからのイチゴの栽培にとって、新しい農業用水耕システムへの適応は決定的に必要になります。芝川のハイテクLEDは、継続的な研究、開発、革新を通じてこの採用を促進しています。私たちはすでに一年を通じて野菜と果物の生産を可能にすることができました。

水耕システム産業の利点には、スペース効率の改善、節水、防虫が容易であることや、自動化による労働力の削減が挙げられます。これにより、世界地図の農業に適した土地の分布において、広大な面積が追加されることになります。この点に関して、芝川のハイテクLEDランプは、温室環境で花、トマト、果物や野菜の成長をサポートするインターライティングとしても設置できます。さらに、これらのランプは太陽の光を100%置き換えることができ、屋内の水耕栽培プラントでの育成を効率的に加速することもできます。この四月の記事で、まずパヴロダル市から興味を持って質問を下さった読者の方、そして昨年の9月からこの記事を注意深く読んでフォローしてくださっている皆さんに本当に感謝します。

これ以降はイチゴの研究の結果を紹介します。イチゴは、世界で最も価値のある果物の1つです。現代にいたるまで、イチゴにおける品種改良は、色が濃く、保存期間が長く、より大きなものとする方向性でした。しかし、これらの特性は、イチゴの他の特性である香りや味の強さを犠牲にして達成されたのです。野生のイチゴは、栽培された品種と比較して、実は小さく、収量も少ないのです。しかし、それらには特徴のある様々な香り成分が含まれています。イチゴに関する私の研究は、芝川LEDのさまざまなレベルの赤外線が、植物の成長速度、開花頻度、果実のサイズ、味、色、および香りにどのように影響するかに焦点を当てました。研究対象として、章姫、セリーヌ、アンジェルエイト、アイベリー、ワイルドベリーなど、さまざまな種類のイチゴを育成しました。これらの各タイプの 葉、花と、果物については色、形成、サイズ、香り、柔らかさ、味など、多くの特徴を述べ、画像化し、説明いたします。実際、葉と花の違いに関して、この品種の中では、ワイルドベリーだけ他の種類と区別できることに気づきました。次の4つの画像はそのことを示しています。

 

 

ワイルドベリーの葉と花

 

 

ワイルドベリーだけが4つの花びらと4つの特徴的ながく片を持つ花となっていることが確認できます。

 

 

アイベリーの葉と花

 

 

ご覧のように、セリーヌの花はアイベリーの花にとても似ています。

 

章姫ストロベリーから始め、内部と外部の特徴を持つ各ストロベリータイプの果物を見てみましょう。外部的には、色、サイズ、形、匂いを一目で確認します。内部的には味と柔らかさをテストします。

 

章姫苺 (アキヒメイチゴ)

私の感覚だけかもしれませんが、古代日本語の章は美を意味し、姫と合わせると美の王女を意味するという風なイメージできます。このいちごは1985年に「久能早生」に「女峰」を交配し、生まれたものから選抜を繰り返し育成された品種で、1992年に品種登録され、広く普及しました。外部的には、ほとんどは通常のイチゴのサイズで、つやがある赤さと円錐形をしています。しかし、香りはまったく検出されませんでした。内部的な味わいや柔らかさは、完全に赤みを帯びた果肉が目で楽しめ、歯間で潰して行く時に酸味がなく、水みずしく、強い甘みの味わいの印象が残ります。

 

 蜜蜂の魔法の感触タッチを利用できなくても、美の王女の章姫苺はさまざまな形をとることができます。

 

 

つやのある赤さと円錐形が章姫の特徴。

 

 

セリーヌ苺

画像からも分かるように、セリーヌの外見は大きめで落ち着いた赤い色です。実際、その味は市場で手に入る普通のイチゴに似ています。水みずしさと柔らかさを感じながら、酸味も味わえます。しかし、章姫と同様に、香りはありませんでした。

 

大きいサイズ、通常の味、および多くの収量がセリーヌの主な特徴です

 

エンジェルエイト苺

外部的には、つやある白い色の皮と小さな赤い種子の斑点の組み合わせにより、このイチゴは非常に美しくなっています。イチゴの香りが際立つ大きなサイズで、さらに魅力を感じます。内部では、桃の味、または洋梨とキウイの混合ジュースの味がする白い固体果肉がエンジェルエイトの特徴です。

 

エンジェルエイトのロマンティックな姿

 

ワイルドストロベリー

一方で、控えめな赤色と高い酸性度は、その顕著な特徴の一部として識別できます。他方では、その小さいサイズにもかかわらず、他のイチゴのタイプの中で並外れた強い香りがすると言えます。鼻に近づけると簡単に匂いが区別できます。実際には、このイチゴの香りは非常に強いため、熟した野生のイチゴが数本、部屋全体に香りが行き渡り、リビアの地中海のフルーツの香りを彷彿させます。

 

小さいサイズにもかかわらず、強い香りと酸味が野生のイチゴの主な特徴です。

 

アイベリー

非常にセリーヌに似ていますが、サイズが小さいです。 特筆すべき特徴はありませんでした。

 

ストロベリーのデライト

上記の最初の4つのタイプについて、内部の果肉色と喜びの感覚がどのように感じるかを示します。

 

画像右:エンジェルエイト、上:章姫、左:セリーヌ、下:ワイルドストロベリー

 

結言

簡単に言えば、甘い果実としてイチゴを楽しみたいなら、章姫をお選び下さい。ケーキ、ジャム、パンなどでイチゴを楽しみたい場合は、セリーヌを酸味に、ワイルドベリーを香りに御利用ください。また、イチゴのロマンティックな美しさに興味をお持ちの方は、夫・妻と一緒に、あるいは特別ゲストに、あるいは優雅なプレゼントとしてエンジェルエイトのいちごをお楽しみください。

 

 

今後のゴールデンウィーク記事について

この記事の最後に、読者の皆さんに質問です: イチゴは果物ですか、野菜ですか?

日本のゴールデンウィークの次の記事では、ゴールデントマトがメニューに登場します。また、私の研究課題や、読者の皆さんの質問に対する回答も含まれます。