English

ビルハジの育成日記

ビルハジ アブドルハリク アリ ドウ
2021年9月16日
芝川ハイテクライトでスイカ!

 

読者の皆様への深いご挨拶!!

前回の記事から御久しぶりですが、またおもしろくて有益な記事をお届けできることをうれしく思います。 最近、ようやく世界中でワクチンやヘルスケア対策が進んできました。コロナの状況がすぐに制御できるように願っています。 また、読者の皆様は、昨今の熱中症にも気を付けてください。  今年はシベリア地域でも気温が40℃前後に達しました。もちろん、芝川は、この記事の最後に書いたように、植物収穫効率を改善し、地球を安全にするための効率的な照明の開発を続けています。

 

この記事では、最初に読者に驚きを画像で伝えます。それは芝川のハイテック照明の使用で、メロンとスイカを完全の屋内で栽培することに成功した事です。その後、リビアの地中海沿岸で、私の子供の頃のスイカ物語を読者に共有します。最後には、我々の地球を救う方法を提案します。 では、読み続けましょう。

栽培実験室からの画像:芝川ハイテクライトによるスイカの屋内水耕栽培を成功しました。 びっくりです。

 

播種29日後の最初の花です。 これは最初の画像のスイカになっていた花でした。 スイカのキュートな縞模様がはっきりと見えますね。栽培実験室の中にミツバチがいないため、手で受粉しました。

 

メロンとスイカについて

メロンは、キュウリ、ズッキーニ、カボチャに似たひょうたん科の一年植物です。画像に示されているように、それらは大きな葉を持ち、長い柄があり、黄色い雌雄違う形の花を持っています。

メロン雌花の美しさ。 その魅力がどのように感じますか?

 

メロンの品種

メロン(スイカを含む)は通常、他の果物とはまったく異なり、エレガントな香りで、夏のさわやかな喜びです。世界中の品種は何千もあります。品種によって、サイズ、形状、表面の質感、匂い、皮の色、糖度、風味、および香りが大きく異なります。 それだけでなく、品種によっては、低温環境で成長可能であり、植物病害に対する耐性が高く、収穫後の貯蔵寿命がさらに長い品種もあります。 また、生育期の始まりも品種によって異なります:春、初夏、夏、秋。 しかし、間違いなく、芝川のライトで、メロンとスイカは一年中で育てられます。

この画像は、一つの種から得られた3つのマスクメロン果実の一つを示しています。 うどんこ病の葉の病気の原因で、適切に熟す機会はありませんでした。一応、このメロンの種子は次世代のメロンも育てられました。

 

メロンとスイカは、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質、植物の自然化学物質等が豊富です。 どちらもカルシウム、マグネシウム、カリウム、リンなどの類似したミネラルと、マンガン、亜鉛、セレン、鉄、銅などの微量ミネラルを持っていますが、 ビタミン含有量が異なります。 メロンはビタミンC、K、B3の値が高いですが、 スイカにはリコピンとビタミンAが多く含まれています。スイカに含まれるリコピンは、トマトよりも1グラムあたりの量が多くなっています。 特に、スイカの種は食用であり、多くのミネラルの優れた供給源でもあります。

上の最初の画像と同じスイカ。 とっても美味しかったです! あなたも家で育てみればよいかもしれません。

 

スイカと子供時代の物語

子供の頃、私たちは家族と一緒に近くの地中海の海岸で泳ぎへ行っていました。 特に夏の真っ只中で、気温が30°Cを超える時期です。リビアは何と58°Cという地球の最高気温の記録を持っています。通常、私の家族は他の二家族と一緒に下の写真のビーチに行きます。必需品はすべて前日から車に用意して積み込みます。美しい緑がかった青いビーチに着くと、子供たちは車から冷たい水に飛び込みます。父親と兄がテントを準備して車から物を下す間、母親と姉妹は天然の薪の火の上で子羊または山羊の肉を使った辛いインバクブカ料理の大きな昼食を準備し始めます。彼らはまた、芳香性のリビアの泡立つミントティーの準備もします。我々、子供たちが惜しみない太陽の下で泳いでいる間、深く泳いでお互いの足を捕まえようとしたり、誰がより速く泳ぐのか、誰がより長く水中にとどまることができるのかなどの多くの遊びをします。 2〜3時間で、時間が経つにつれ、皆お腹が空いて喉も渇いてきたころ、いきなりで母たちは「インバクブカできたよ、食べにおいで、泳ぎはまたあとで」と食事に呼ばれます。そのインバクブカの辛さからのよけいに喉が渇いた後、スフラ(直径1メートルの大きなオープンプレート)に移動。そのスフラの上で、巨大なスイカがすでに大きなスライスにカットされていました。これが本当に楽しみです。子供たちの顔がこれらのスライスの2つまたは3つに埋れていると同時にジュースが腕から滴り落ちまた。それでもう一度泳ぐ回復力を感じることができます。ロマンチックな夕日を見ながら、子供と皆、家に帰り、シャワーを浴びて眠ります。

家の近くの冬時期の地中海沿岸。冬時期の海辺。 夏になると、よりカラフルでとっても魅力的になります。

 

温暖化の地球を冷やす

気温の上昇は、特にこの夏、世界中ではっきりと見えるようになりました。実際、多くの人々は、これは地球の温室効果の結果のためだけに起こっていると考えています。確かに、それは真実の一部です。工業化の開始から近年までの期間にCO2の濃度が約44%増加したからです。しかし、さらに重要な別の事実があります。それは北アフリカの砂漠化です。リビアで起こったように、雨の降り不足、地下の天然貯水池の排水、そしてこれらの貯水池への塩分の多い海水の侵入によって引き起こされました。私の子供の頃、雨は非常に強く、秋と冬の季節に沿って数ヶ月続いていました。当時、雨水農業は非常に人気があり、収益性も高く、井戸の水位は​​地表に非常に近かった。さらに、春はまるで楽園のようで、どこででも花が咲いていました、砂漠の一部も覆っていました。今ではすべてが異なり、雨のない冬が当たり前になり、雨のみに基づく農業はほとんどなくなりました。さらに、井戸の水は少なくなり、塩辛いまたは干上がりました。それだけでなく、過去の夏は40〜50°Cを超える気温で非常に暑い日は3日程度しかありませんでしたが、今年はこれらの気温が一か月以上続きました。これは本当に悲劇です。不可欠なソリューションの一つ、私が考えているのは、カリフォルニアの農業地域で成功したように、海水を淡水化し、その飲用水を排水された天然貯水池に戻すことだと思います。もう一つの相互解決策は、すでに砂漠化に見舞われている干ばつ農業地域で、雨をベースにしたヤシの木、オリーブ、およびイチジクやブドウなどの他の樹木で植林を行うことです。

この意味で、照明システムの効率を改善する重要さが高いです。それは、建物のためにもそうですし、農業部門も発展させるためのあらゆる努力が必要であり、私たちの大切な地球の安全に大きく貢献することができます。 残る時間はありません。私たちは地球を救うことに精力的に専念しなければなりません。 芝川は日々このような技術を開発しており、環境支援にも貴重な貢献ができることを挑戦して目指しています。

 

次の記事では、また新しい植物を紹介したいと思います。 芝川ハイテクLEDライトの詳細や直接の質問があれば、遠慮なく「shibakawa.co.jp/contact」のリンクからメールを送ってください。 もちろん、心からサポートさせていただきます。 日本にお住まいの方は、今年の10月13日から15日まで東京で開催される第8回次世代農業展示会の芝川ブースにぜひお越しください。

 

 

2020年12月11日
エネルギッシュな豆の花

 

読者の皆様、こんにちは。この記事に新しいゲストをご紹介します。

 

これから寒い冬がやって来るので、特に北半球に住んでいる皆さんは準備をお願いします。

パブロダル、タタールスタン、その他のカザフスタンとシベリアの地域の読者の皆さんは、すでに大雪と氷点下の気温になっていますよね。

 

今回紹介するのはマメ科野菜類の新ゲストです。それはこちらの写真のスイートグリーンピースです。

えんどう豆の花やベビーポッド、そして新鮮なシードはすべて食用となります。

 

えんどう豆と芝川LEDのストーリ

これまでと同じくえんどう豆が育つために芝川ハイテクLEDを実装しました。それらに平均温度20℃の完全な屋内環境を適用しました。

 

実験として、0.15平方メートル(長さ50 cm、幅30 cm)の面積で、利用可能な高さ120cmの中で、約14個のえんどう豆を育てました。 実際に、それらは非常に急速に、そして生産的に成長しました。

 

種まきの日から数えて、30日後に花が咲き初め、約40日で完全な豆を持つ最初のエディブルポッド(食用鞘)ができ、全生産物の収穫は50日以内に完了しました。

 

最終生産では、収穫日に約130の鞘が得られ、鞘あたり最大6つの豆が得られました。 これは、一つの植物あたり平均9〜10ポッドが得られたので、元の播種種子の約40倍の生産量になります(ただし、生産された種子の正確な数はカウントしていません)。

とても速く、とても生産的です!

 

健康的なえんどう豆

えんどう豆は、シリアルなどの穀物と比較して、高レベルのタンパク質、食物繊維、ビタミン、ミネラルで栄養価が高いです。

 

ミネラルの観点から、えんどう豆は最も顕著な元素としてかなりの量のカリウムが含まれていて、リン、マグネシウム、カルシウムがそれに続きます。 えんどう豆には、鉄、セレン、亜鉛、モリブデン、マンガン、銅、ホウ素もほんのわずか含まれています。

 

ビタミンに関しては、えんどう豆はBグループが豊富です。 新鮮なえんどう豆には、A、C、Kのビタミンも含まれています。 これらのビタミンの大部分は調理や缶詰によって失われる可能性があるため、新鮮なえんどう豆を生で食べることはとても健康的です。

 

また、えんどう豆は低脂肪です。 たとえば、生のえんどう豆の食物繊維含有量は、生重量ベースで食用部

分の20%を超えています。対照的に、白米はたった1%です。

 

肉などの脂肪の多い動物性タンパク質源への依存を減らすための最適な方法として、えんどう豆のような豆類を食べる習慣にシフト、または少しでも着目すると健康的です。

 

私たちの毎日の食事で、人体に不可欠なタンパク質タイプの大部分は、適切でバランスの取れた量の豆類と穀物の両方を含めることで満たすことができます。豆類と穀物のタンパク質は互いに補完し合っているからです。

 

実際に、肉や動物ベースのタンパク質の食事から離れるのは難しいかもしれません。 しかし、脂肪分の多い食べ物の代わりに、えんどう豆、レンズ豆、そら豆などの十分な量の豆類を毎日の食事に含める方が確かに健康的です。

 

料理の目的にあわせて、エンドウ豆は、食用の白い花、ベービさや、新鮮な緑の種子、乾燥した種子だけの豆類など、すべての成長段階で食べられます。 花や新鮮な緑の種をサラダと一緒に食べることもできます。 そこで、この記事では、活気に満ちたリビアのレシピを紹介したいと思います。

えんどう豆の美しさ!

 

地中海のフレッシュサラダのリビアのダイナミックレシピ

リビアのサラダのこの健康的なレシピは、あなたの好み、野菜の入手可能性、そして季節に応じて適応させることができます。 一人一人にサラダを提供するためのベースとなる材料は、中型トマト2個、きゅうり半分、中型玉ねぎの4分の1です。

これで、サラダを次のようなダイナミックで健康的な方法で作ることができます。

- カラフル:にんじんや生姜または好きな野菜をキューブ状に切って追加する。

- スパイシー:新鮮な緑または赤唐辛子を十分に挿入します。

- 美味しく:サラダに大さじ一杯のオリーブオイルを混ぜて、少量の天然塩を振りかける。

- 芳しく: パセリ、セロリ、コリアンダー、タイム、または好みのハーブなど、新鮮な香りのよいハーブの断片を追加する。

- タンパク質が豊富:柔らかく新鮮なエンドウ豆を加える

 

今から、手作りのリビアサラダをお楽しみください!

 

柔らかいえんどう豆はフレッシュサラダにぴったり!!

 

そら豆

そら豆は、えんどう豆と同じく、マメ科の野菜ファミリーのメンバーです。そら豆とえんどう豆は、栄養成分が非常に似ているため、同等の健康上の利点があります。ここで、この記事では、芝川LEDの光を当てて、実験で育てたそら豆の以下の画像も共有したいと思います。

そら豆ファミリー!!その成長サイクルをはっきりと見ることができます。とてもかわいいですね。

 

実際、リビアの私の町、アジェラートは、オリーブ、ナツメヤシの木、果物、そしてそら豆を含む野菜を生産していて、特にそら豆は大規模に生産していることがリビア全土で有名です。

子供の頃、父も私たちの農場でそら豆の栽培に慣れていました。そら豆の旬の時期に、クスクスを食べる時のほとんどの場合、そら豆全体(フレッシュな鞘を含む)を入れて食べます。これは何千年もの間リビアの主な伝統的でオリジナルの食べ物です。今後の記事の一つで、読者の皆さんにクスクスのレシピを紹介できることを嬉しく思います。

そら豆の花、シンプル、静かな、そしてエネルギッシュ!

 

今回のえんどう豆の記事を楽しんでいただけましたか?

次回の記事では、新ゲストが間違いなくあなたを驚かせるはずです!

 

 

2020年9月8日
私と魅力的なナデシコ!

 

ナデシコのエディブルフラワー(食用花)

 

ここでは、芝川のLEDでナデシコの花が美しく育つ様子を読者の皆さんに紹介したいと思います。

ナデシコの花は地中海地域に自生し、細い茎で育つシアンの色相の線形の葉を持っています。植物の平均の高さは30または40センチに達します。ナデシコの花は、通常、フリルエッジが付いた5つの花びらで構成されています。さらに、ナデシコは沢山咲くので、庭園や風景で人気があります。芝川のLEDの光で、家の中でもナデシコ水耕栽培ができるようになりました。私たちの研究所で栽培したナデシコの添付画像を見て、それがどれほど素晴らしいかを確認できると思います。花の真ん中に点線の波状の白い帯がはっきりと見えます。とても魅力的ですね。

なんてすごい! なんて繊細だ!

 

野外で育つナデシコの花は、晩春から初秋にかけて長い開花期を迎えます。 芝川ハイテクLEDを使用することで、晩秋や真冬でも一年中、季節を問わず栽培が可能です。 添付画像のナデシコは、播種から開花が始まるまでに35日かかりましたが、一年中屋内で栽培ができて楽しむことができます。

また、ナデシコの食用花びらは料理で使用することもできるんです。香りが良く見た目の美しさから食欲がわいてきます。 実際、その用途が広く、無制限であり、私たちの想像を超えています。 ケーキやお食事の飾り、ハーブティーとしても使うことができます。 冬には、花全体を水に浸して、甘い香りを楽しみながら、寝る前に足を温めることもできます。

そのまま全て食べられるナデシコの花。

 

2番目の画像は、日本中の多くのスタイリッシュなレストランやホテルで増加する食用花の需要に応えるために準備された色とりどりのナデシコの花です。これらの花は沖縄本島にある「與座菜園(ヨザサイエン)」さんで芝川ハイテクLEDを使用して栽培されていました。

 

イチゴとは果物なのか野菜なのか?

4月の記事を読んだ読者の皆さんは私の「イチゴとは果物なのか野菜なのか?」の質問に対して積極的に考えていただけたと思います。

このセクションでは、私の意見をシェアしたいと思います。

科学的には、果実は開花植物のめしべから発達した種子を含む構造として定義されています。一方、野菜は根、葉、茎などの他のすべての植物部分です。したがって、科学的にいちごは果物です。でも、この定義に当てはめると、唐辛子は果物として分類されてしまうんです!!

子供の頃、私は果物を多年生である木からなる植物の食べられる部分として考えていました。一方、野菜は草からなる植物の食べられる部分であり通常、成長期の終わりに刈り取ります。この単純な考え方ではイチゴは一種の野菜になります。

私の現在の意見では、果物なのか野菜なのかはあなた次第です!!あなたがそれらを新鮮にまたはデザートとして食べることができるなら果物です。逆に、それらを調理したり、サラダとして食べたりする必要がある場合は、間違いなく野菜です!!

 

現在、日本ではこれまでにないほど多くの野菜が甘くなりました。 たとえば、あなたが目を閉じて、私たちの実験室のミニトマトを食べた時、それが果物なのか野菜なのかを推測するようにお願いした場合、 おそらく「果物」と答えるでしょう。 なので植物は同時に野菜と果物になれるものもあると考慮するべきでしょう。

 

私たちは必要な栄養素を体に与えることを一番大切な事と信じています。 つまり、果物と野菜は栄養的に同等ではないため、食事で果物と野菜のミックスなバランスを取ることがベストです。たとえば、果物は糖分とカロリーが高いです。一部の葉野菜には沢山のカルテノイドが含まれています。とはいえ、どちらもビタミン、ミネラル、繊維、抗酸化物質が豊富です。 こういった考えをもとに考えるとやっぱりバランス良く食べることが一番の健康法ですね。

 

読者の皆さんは異なる考え方を持っているかもしれません。それも素晴らしいことです。私自身も知識を増やすため、さらに深く研究するのが大好きです。たとえば、1400年ほど前に明らかになったクルアーンを楽しく読んでいます。多くの章で植物や果物について驚くほど言及しています。

 

次の記事について

現在、私は芝川のLEDで「さやえんどう」の育ち方を研究しています。次の記事にそのさやえんどうの豆やエディブルフラワーを紹介します!!